本文へスキップ

    特定非営利活動法人アクティビティ・サービス協議会は、福祉サービス利用者の心身及び生活の活性化を目指しています。

    03-3232-2940(月・水・金8:00~16:00)

    〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-31-8高田馬場ダイカンプラザ327号

    アクティビティ・サービスのヒント8月編

    スキンシップ
    身体と心のマッサージ・・・垣内芳子

     寝ていることは楽なこと、と思いがちです。しかしそれは元気な人の言う事で、寝たきりの人にはむしろ苦痛です。寝ていても、あっちが痛み、こっちが凝るのです。特別に要求されなくても、おしゃべりなどをしながら首筋、肩、腰、脚、腕などを軽く擦ったり、揉んだりして差し上げるのはいかがでしょうか。ただしあまり力を入れてはいけません。マッサージも専門的に学んだ人にしてもらわないと、筋肉や関節を痛めてしまう恐れがあるからです。また、スキンシップの必要性ということが、しきりに言われています。マッサージはまさにスキンシップに役立つでしょう。ちょっとした時間のマッサージは、心のマッサージにもなるのです。

    物を買う
    いくつになっても買い物は良いストレス解消・・・廣池利邦

     歳をとると特に必要なものがあるわけではないのですが、行きつけの店やデパート、有名食料品店などへ行きたがるものです。男性もスーツを着る機会はめっきり減っているにもかかわらず、洋服を仕立てたがったりズボンのベルトを買いたがります。このように、お店に寄ることは、『お金を使いたい』という欲求があると考えられます。お金を使う緊張感や自分の欲しいものを手に入れる喜びは、なにものにも代えがたいものであり、施設生活や在宅介護生活で一方的に物を与えられるばかりの生活から、時には解放される喜びが期待できます。


    日本の慣習8月編 *次回更新は8月末の予定です。

    夏の和菓子
    錦玉・・・寒天を溶かして砂糖や水飴を加え、冷やし固めた和菓子のことです。透き通っていて、とても涼しげな夏ピッタリの和菓子ですね。色を付けた練り切り餡を中に入れて固めて作られるので、夏らしい風物を表現したものもあります。

       

    水饅頭・・・くず粉で作った透明の生地で餡を包んだ夏の和菓子です。
         冷水に浸して食べるとさらに涼しげですよね。葛饅頭とも呼ばれているようです。

          

    バナースペース

    特定非営利活動法人
    アクティビティ・サービス協議会

    〒169-0075
    東京都新宿区高田馬場1-31-8
    高田馬場ダイカンプラザ327号

    TEL 03-3232-2940
    (月・水・金8:00~16:00)
    FAX 03-3232-2944